スポンサーリンク

【100万回言えばよかった】原作や脚本家は?キャストやあらすじは?

100万回言えばよかった原作や脚本家

2023年1月のTBSドラマ「100万回言えばよかった」は井上真央さんが主演です!

井上さんは大ヒットドラマ「花より男子2」以来16年ぶりのTBS連ドラ出演という事で、早くも話題になっています。

佐藤健さんと松山ケンイチさんという実力派が脇を固める今作、内容についても気になりますね!

ドラマ「100万回言えばよかった」の原作や脚本家、キャストやあらすじなどを調査しました!

この記事でわかること

  • 【100万回言えばよかった】原作や脚本家は?
  • 【100万回言えばよかった】あらすじやキャスト

【100万回言えばよかった】原作や脚本家は?

TBS金曜ドラマ「100万回言えばよかった」には原作がありません!

安達奈央子さん脚本の完全オリジナルストーリーとなっています。

ラブストーリーなので、最近流行りの韓国ドラマのリメイクかと思う方も多いようですね。

今作の脚本家である、安達奈央子さんの代表作品をいくつか調べてみました。

<代表作品>

  • 失恋ショコラティエ(2014年)
  • コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season(2017年)
  • 透明なゆりかご(2018年)
  • きのう何食べた?(2019年)
  • 連続テレビ小説 おかえりモネ(2021年)

安達奈央子さんは、ラブストーリーから医療系など、幅広いジャンルが得意な脚本家です。

ドラマ「きのう何食べた?」では原作の世界観を活かした脚本で賞を2つも受賞し、映画化もされるなど見事な手腕を発揮。

NHK朝ドラ「おかえりモネ」の脚本にも選ばれるなど「今もっとも勢いのある脚本家」と評価されています。

「100万回言えばよかった」はただのラブストーリーではありません。

切なくて温かいファンタジー要素を入れたドラマだと発表されました。

井上真央さんをはじめ豪華キャストにぴったりの、素敵な脚本になることでしょう!

スポンサーリンク

【100万回言えばよかった】あらすじ

【100万回言えばよかった】は、突然の死によって引き裂かれた2人の切なくて温かいラブストーリーです。

大切な相手には、大切だという事を今伝えよう」というテーマの作品となっています。

あらすじ

主人公の相馬悠依(井上真央)は幼馴染の鳥野直木(佐藤健)と、大人になってから再会します。

それぞれの生い立ちも相まって、自然と惹かれあう2人。

直木はついにプロポーズを決心した矢先、不可解な事件で命を落としてしまいます。

悲しみに暮れながら直木を探す悠依…。

しかし、実は直木は亡くなったと気付かないまま幽霊となり側にいたのでした。

事件を捜査していた刑事の魚住譲(松山ケンイチ)にだけは、直木の姿が【見える】ことが判明。

2人の運命に巻き込まれながらも、魚住は直木に協力することになり…。

一番大切な人に、本当の気持ちを伝えられないまま永遠に別れることになってしまった直木。

この世の思い残しを遂げられるのか?不可解な事件の真相は?

未曽有の事態となった現代にエールを送る、完全オリジナルストーリーとなっています。

スポンサーリンク

【100万回言えばよかった】キャスト

「100万回言えばよかった」は主要キャストのみが発表されています。(12月2日現在)

主要キャスト3名と、役どころを合わせて紹介します!

相馬悠依(そうま・ゆい)・・・井上真央

主人公の悠依は美容室の店長をつとめています。

中学生の頃から家庭の事情で里親の元で育ち、そこで直木と出会いました。

大人になって再会した2人は自然と恋仲になりますが、幸せな日々は束の間でした。

突然直木を失ってしまうという悲しい運命に翻弄されつつも、奇跡を起こそうとします。

鳥野直木(とりの・なおき)・・・佐藤健

相手役の佐藤健さん演じる直木も、家庭の事情で里親の元で育ちました。

恋人となった後は悠依にプロポーズを決意しますが、その矢先に命を落としてしまいます。

亡くなった時の記憶が無く、事件の真相もわからないまま幽霊になってしまった直木。

唯一、自分の存在を認識できる魚住を頼り、悠依に気持ちを伝えようと奮闘します。

魚住譲(うおずみ・ゆずる)・・・松山ケンイチ

松山ケンイチさん演じる刑事の魚住譲は、由緒ある寺で霊媒体質の家系の生まれです。

とある事件を追っている最中に、幽霊となった直木が見えることに気づきます。

全く【見えない】体質だったはずなのに何故?と不思議がる譲。

直木の思いを伝えるために悠依に接触を試み、2人の運命に巻き込まれていきます。

井上真央さんは「花より男子」シリーズ以来のTBS連ドラとなります!

映画「八日目の蝉」でアカデミー賞を受賞した実力派なので、難しい役でも見事に演じているでしょう。

佐藤健さんは社会現象になったTBSドラマ「恋はつづくよどこまでも」に出演していました。

恋つづプロデューサーの磯山晶さんとは再タッグになるので、抜群のチームワークですね!

松山ケンイチさんはTBS日曜劇場「日本沈没」に出演したばかりですが、井上さん、佐藤さんとは連ドラ初共演だそうです。

幽霊となった恋人が登場する不思議なラブストーリー、実力派俳優たちの名演に注目です!

スポンサーリンク

【100万回言えばよかった】原作や脚本家は?キャストやあらすじは?まとめ

「100万回言えばよかった」原作や脚本家は?キャストやあらすじについてまとめました。

今作は、脚本家の安達奈央子さんが描く完全オリジナル脚本の作品です。

井上真央さんが久々にTBS連ドラにカムバックするので、今から話の展開が気になりますね!

ドラマ「100万回言えばよかった」は2023年1月放送スタートです!

★★合わせて読みたい★★

【星降る夜に】原作や脚本家は?キャストやあらすじも調査

silent(サイレント)最終回いつ放送?全何話?ラストの展開を予想!

舞いあがれ!脚本家変更の理由は?ネットの反応や嶋田うれ葉の代表作を調査!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA