スポンサーリンク

BE:FIRST全国ツアー/日程や各会場のキャパは?S席の倍率は?

BEFIRSTツアー


BE:FIRST(ビーファースト)のファースト全国ツアーの日程が決定しました!

今までは関東中心で行われていたライブが全国まわるということで参戦を考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は気になる全国ツアーの日程と各会場のキャパについて、またS席の倍率は?!

調査していきます!

スポンサーリンク

BE:FIRST全国ツアー日程決定!

ついにBE:FIRSTの全国ツアーの詳細が発表されました!


『BE:FIRST 1st One Man Tour 2022-2023(仮)』


2021年11月3日にデビューしたBE:FIRSTの全国ホールツアーです。


【日程】※全公演OPEN/17:00 START/18:00

日程会場
2022年9月23日(金・祝)【広島】広島文化学園HBGホール
2022年9月25日(日)【岡山】倉敷市民会館
2022年10月2日(日)【千葉】市川市文化会館 大ホール
2022年10月5日(水)【愛知】名古屋国際会議場センチュリーホール
2022年10月6日(木)【愛知】名古屋国際会議場センチュリーホール
2022年10月9日(日)【福岡】福岡サンパレス
2022年10月10日(月・祝)【熊本】市民会館シアーズホーム夢ホール
2022年10月18日(火)【静岡】アクトシティ浜松 大ホール
2022年10月19日(水)【静岡】アクトシティ浜松 大ホール
2022年11月1日(火)【宮城】仙台サンプラザホール
2022年11月7日(月)【群馬】ベイシア文化ホール(群馬県民会館) 大ホール
2022年11月13日(日)【長野】ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
2022年11月19日(土)【新潟】新潟県民会館
2022年11月20日(日)【新潟】新潟県民会館
2022年11月24日(木)【石川】本多の森ホール
2022年11月28日(月)【和歌山】和歌山県民文化会館 大ホール
2022年11月30日(水)【兵庫】アクリエひめじ 大ホール
2022年12月5日(月)【東京】東京ガーデンシアター
2022年12月6日(火)【東京】東京ガーデンシアター
2022年12月19日(月)【大阪】グランキューブ大阪 メインホール
2022年12月20日(火)【大阪】グランキューブ大阪 メインホール
2022年12月26日(月)【北海道】札幌文化芸術劇場 hitaru
2022年12月27日(火)【北海道】札幌文化芸術劇場 hitaru
2023年1月7日(土)【東京】東京ガーデンシアター
2023年1月8日(日)【東京】東京ガーデンシアター

2022年9月23日の広島公演からスタートし、17都市25公演回ります。

3カ月半ほどかけての全国ツアー、楽しみですね!

遠方で今まではチケットさえ申し込めなかったという方もいたと思いますが、お近くの方は是非とも行きたいところですよね・・!

そこで気になるのはチケットの倍率って一体どのくらい??といったことではないでしょうか。

見ていきましょう!

チケット申込みや一般発売についてはコチラもご覧ください↓↓

スポンサーリンク

BE:FIRST全国ツアー 各会場のキャパ

BE:FIRSTの全国ツアー、会場のキャパはどのくらいなのでしょうか。

倍率は申込人数がどれほどになるのか予想が出来ないので、正確な数字はわかりませんが

参考に各会場の座席数から見ていきましょう。

会場客席数
【広島】広島文化学園HBGホール2001人 
【岡山】倉敷市民会館1979人
【千葉】市川市文化会館 大ホール1945人
【愛知】名古屋国際会議場センチュリーホール3000人
【福岡】福岡サンパレス2316人
【熊本】市民会館シアーズホーム夢ホール1591人 
【静岡】アクトシティ浜松 大ホール2336人 
【宮城】仙台サンプラザホール2710席 
【群馬】ベイシア文化ホール(群馬県民会館) 大ホール2000人 
【長野】ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)1971人 
【新潟】新潟県民会館1730人 
【石川】本多の森ホール1707人 
【和歌山】和歌山県民文化会館 大ホール2000人 
【兵庫】アクリエひめじ 大ホール2010人 
【東京】東京ガーデンシアター8000人 
【大阪】グランキューブ大阪 メインホール2754人 
【北海道】札幌文化芸術劇場 hitaru1686席 
※公演により誤差は出ると思います!


最も収容人数が多い施設は東京の『東京ガーデンシアター』の8000名で、最も収容人数が少ないのが熊本県の『市民会館シアーズホーム夢ホール』で1591名です。

単純にキャパが大きい施設は応募者数も比例して多いので、どの会場が当選しやすいか、というのは微妙なところですよね。

ただ『東京ガーデンシアター』は全部で4公演あります。


単純計算すると・・

4公演×8000人=32000人当選

ということになるのでやはり会場で言うと一番確率は高いのかもしれません。

予想以上の人数が応募すれば話は別ですが・・^^;

スポンサーリンク

BE:FIRST全国ツアー S席の倍率は?

BE:FIRSTの全国ツアーのチケットは2種類あります。

  • A席 8800円(税込)
  • S席 11000円(税込)

S席とは最前ブロックを基準とした座席となるようです。

2200円の差ならS席でど真ん中で見たい!!という方も多いと思いますが、S席を選択したことにより倍率が高くなる可能性もあります。

そこで各会場のアリーナ席に相当する部分のS席ブロックが大体何席あるのか予想してみました。

会場によっ座席の形が異なるため本当に大体なので目安として受け取ってくださいね!

計算の仕方は1階部分(アリーナ部分)を単純に6分割した時に座席数です。

会場予想!S席数
【広島】広島文化学園HBGホール190席
【岡山】倉敷市民会館231席
【千葉】市川市文化会館 大ホール198席
【愛知】名古屋国際会議場センチュリーホール251席
【福岡】福岡サンパレス244席
【熊本】市民会館シアーズホーム夢ホール137席
【静岡】アクトシティ浜松 大ホール196席
【宮城】仙台サンプラザホール152席 
【群馬】ベイシア文化ホール(群馬県民会館) 大ホール274席
【長野】ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)197席
【新潟】新潟県民会館189席
【石川】本多の森ホール284席 ※1階のみの会場
【和歌山】和歌山県民文化会館 大ホール238席
【兵庫】アクリエひめじ 大ホール205席
【東京】東京ガーデンシアター166席
【大阪】グランキューブ大阪 メインホール168席 ※Aシート506席を3分割で計算
【北海道】札幌文化芸術劇場 hitaru210席

会場により1階席のみの会場もあったり、キャパは大きいですがアリーナの席数は少なかったりと様々です。

ざっとした予想にはなりますが、大体150~300席弱ではないかと思います。

こう見るとかなり狭き門ですよね^^;


BE:FIRSTの記念すべきワンマン全国ツアー、是非ともお目にかかりたいですね!

行きやすい会場を選ぶのも良いと思いますし、旅行気分で他県に行きツアーに参加するのも楽しそうですね!

スポンサーリンク

BE:FIRST全国ツアー/日程や各会場のキャパは?S席の倍率は?まとめ

今回はBE:FIRSTの初めての全国ホールツアーの日程や各会場のキャパ、S席の座席数について調査してきました。

人気があるBE:FIRSTなのでかなり争奪戦になりそうな予感がプンプンしてますが、当選を願って・・!

↓↓合わせて読みたい↓↓

BE:FIRST/1stアルバム『BE:1』特典や収録曲・収録映像は?

【サマソニ2022】配信はある?視聴方法やタイムテーブルについて

【音髭2022】一般発売はいつから?オンライン視聴は?チケット申込まとめ!

【BMSGフェス】チケットの一般発売は?販売スケジュールや配信について

【BMSGフェス】チケットの一般発売は?販売スケジュールや配信について

【BMSG】さきこさんってどんな人?年齢や経歴、結婚についても調査!!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA