スポンサーリンク

ヒコロヒーの生い立ちや売れたきっかけは何?下積み時代も調査!

ヒコロヒーの生い立ち

飾らないキャラクターで女性から人気があり、TV番組にひっぱりだこなヒコロヒーさん。

最近よく見るけど、ヒコロヒーさんて何者なの?

生い立ちや経歴が気になる・・といった方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなヒコロヒーさんの生い立ちや経歴、売れたきっかけなどについて調査していきます。

スポンサーリンク

ヒコロヒーの幼少期

1989年10月15日、愛媛県に生まれたヒコロヒーさん。(※本名非公表)

幼い頃から絵を描いたり、読書をしたり妄想することが好きだったといいます。

周囲からは『変わった子』だと言われていたようです。

幼い頃の性格に関しては、すぐに腹が立つ子で「なんやねん」と思ったら割とずっと覚えてるタイプだったとか。

ヒコロヒーさんは、そんな幼い時の自身のことを「物心ついた頃から嫌な子供だった」と語っています。

ヒコロヒーの中学・高校・大学

ヒコロヒーの中学時代

進学した中学校については非公表のためわかっていません。

ヒコロヒーさんは中学に進学し、周囲と同じでなければならないという“同調圧力を感じ始めたといいます。

ヒコロヒーさん著書の『きれはし』で、その当時のことをこのように語っています。

「なるべく教室で浮かないように、目立たないように、
あれほど数年前まで『変わった子』だと呼ばれていた私が『変わった子』だということに気づかれないように、
とにかく『みんな』と同じように振る舞うことがその頃の私の努力だった

『きれはし』

変わっている自分を自覚しながらも、周囲と合わせる努力していたのですね。

しかし、自分と同じような趣味を持つ友人を教室外で見つけたことにより、教室は教室という組織であり、社会だと分別したようです。


早い段階でみんなと同化しなくたっていい、と気付くことが出来たと言います。

中学生でこのように自分は自分なんだと悟ることが出来るのって凄いですよね。

他の人と違うことを悩んでいる思春期の方は多いと思うので、是非ヒコロヒーさんの著書を読んで欲しいです。

ヒコロヒーの高校時代

ヒコロヒー - Wikipedia

ヒコロヒーさんが進学した高校についても非公表のため詳細はわかりません。

ヒコロヒーさんは高校生時代の自身のことを、【ヤンキー】や【2軍の不良少女】と語っています。

裏山の坂で立ち入り禁止の柵まで自転車のチキンレースをしたり、

友人宅のガレージでバーベキューセットを使ってどれだけ火が燃えるかを試したりなど、やんちゃな高校生活を送っていたようです。

また麻雀にハマり、バイトで稼いだお金を雀荘で遣っていたいたと言います。

女子高生が雀荘に入り浸るなんて、なかなか聞きませんよね^^;

それもあってか、ヒコロヒーさんの麻雀の腕前はかなりのものみたいですよ。

一方、ヒコロヒーさんの読書好きは健在で、高校生から開高健の作品を読み始めています。

開高健の著作は好きで全て読んでいるんだとか。

ヒコロヒーの大学時代

ヒコロヒーさんは、近畿大学の文芸学部芸術学科(※造形芸術学部)を中退しています。

元々はガソリンスタンドで社員として採用が決まっていましたが、親の要望で大学受験をしました。

ダメ元で受けたようですが見事合格し、在学中は芸術学科舞台芸術専攻に所属していました。

ちなみに近畿大学は志願者数が8年連続トップを記録する程、人気の大学です。

ヒコロヒーさんのいた文芸学部芸術学科の偏差値は53~60(※マナビジョン調べ)で、難易度は高い方ですね。

そして、ヒコロヒーさんの芸能界入りのきっかけも大学時代にあります。

スポンサーリンク

芸能界入りのきっかけ

大学に進学したヒコロヒーさんは男前な先輩に勧誘され、落語研究会に所属しました。

大学2年生の時に、学園祭のお笑いコンテストを主催する先輩から『1枠足りないから出てくれ』とヒコロヒーさんに声がかかり、ご飯を奢ってもらうという約束で引き受けたそうです。

その舞台で、当時ゲストで来ていたお笑いコンビ・なすなかにしのマネージャーから『きみ、いいね』とスカウトされました。

当時のヒコロヒーさんは映画やラジオが好きだったことがもあり、

映画配給会社か、ラジオ番組の放送作家、またはディレクターになりたいと考えていたようです。

ですが松竹芸能に入れば、映画の制作会社「松竹グループ」とつながりが出来て、就職活動に有利だろうと考え、芸人の道を歩みはじめたと言います。

ヒコロヒーさんが芸人として活動し始めた初期の頃は、大阪を拠点にし、道頓堀角座などで月15~20本のライブ出演をしていました。

そしてヒコロヒーさんは、“お笑いで頑張る”という理由で2013年春に大学を中退しています。

しかし、それは表向きの理由で本気でお笑い芸人になるつもりはなく、フリーターになろうと考えていたとか。

そんな思いで芸人として活動していくうちに、

吉本興業のインディーズライブへ出演したり、お笑い芸人の先輩たちのネタを見ていくうちに芸人の楽しさを感じ始めたそうです。

スポンサーリンク

ヒコロヒーの下積み時代

ヒコロヒーさんはピン芸人としてデビューし、しばらくは芽が出ない時期を過ごしていたようです。

20代のうちは同棲中の彼氏の家で暮らし、20代最後の年に彼氏と別れ家を追い出されてしまいます。

その後は住む家もなく、友達の家を転々としていたヒコロヒーさん。

「顔色をうかがいながら、ギリギリのタイミングでそっと荷物をまとめるんです」

と、ヒコロヒーさんなりのテクニックも。w

「あの時は本当に頭がおかしくなりそうでしたね」と語るヒコロヒーさん。

2021年12月18日放送の『かまいガチ』の人気コーナー「オレの下積みメシ」に出演したヒコロヒーさん。

思い出のカサ増し料理を作りながら『めちゃくちゃコレ、当時のことを思い出しますね』といい、完成した下積みメシを食べながら号泣してしまいます!

収録後、ヒコロヒーさんはこのように語りました。

泣く予定ではなかったんですけど、えらいもんで当時のことが一気によみがえってきて・・・自分でもビックリしました。

あらためて『頑張っていかないと!』という気持ちになりました。

ヒコロヒーさんはすごくサバサバしていて、器用なイメージもありました。

さらっと売れたのかなと勝手に思い込んでましたが、実は大変な下積み時期を経ていたんですね。

その頃のことが書かれているヒコロヒーさんのブログがあります。

『地球ブログ』

売れる前から書いているブログで、当時のハングリー精神なヒコロヒーさんの気持ちも綴られています。

宜しければ見てみてくださいね☆

スポンサーリンク

ヒコロヒーが売れたきっかけは?

ヒコロヒーさんは大阪で3年間活動した後、2014年頃に東京進出し松竹芸能東京に所属しています。

現在のようにブレイクするきっかけは何だったのでしょうか?

2014年5月17日放送 『IPPONスカウト』

ヒコロヒーさんが上京し、おそらく初めての地上波TV番組出演が2014年5月17日放送の『IPPONスカウト』です。

IPPONグランプリのスピンオフ番組ですね。

全国一斉大喜利ペーパーテストで1,603名から勝ち残り、第一回『IPPONスカウト』に出演したヒコロヒーさんはMCのバカリズムさんやおぎやはぎの小木博明さんらから高い評価を受けます。

結果、本戦出場を逃しましたが、東京進出し初めの大きな一歩だったのではないでしょうか。

2020年1月15日『有田ジェネレーション』初出演

ヒコロヒーさん本人が仕事が増えたな、と感じたのは『有田ジェネレーション』『ゴッドタン』に出演した後だと言います。

『有田ジェネレーション』は埋もれているネクストジェネレーションを発掘するオーディションを実施し、合格者には「有田ジェネレーション」の称号が与えられる、といった内容のバラエティ番組です。

出演した芸人は有田さんがMCを務める別番組などにも起用される場合があります。

ヒコロヒーさんは有田さんの判定により、研究生へ加入しました。

この番組からはブレイク前の「ぼる塾」や「SAKURAI」なども発掘されていますが、ヒコロヒーさんもこの番組が大きなターニングポイントだったのではないでしょうか。

2020年6月14日『ゴッドタン』初出演

2020年6月14日放送の『ゴッドタン』に出演したヒコロヒーさんは

『お笑いを存分に語れるBar』企画に登場し、芸人界のジェンダーをネタにした漫才を披露します。

番組内では

女性がかわいくなったことに男性の存在があるって、男性の妄想ですね

と語るなど、フェミニズムの話を堂々とする姿が反響を呼びました。

女性は特に、普段感じていたことをヒコロヒーさんが代弁してくれたように感じ共感を呼んだのでしょう。

このことにより、芸人としての仕事以外に社会派媒体でコラムを書くなど、仕事の幅が拡がっていくことになります。

スポンサーリンク

ヒコロヒーの現在のレギュラー番組

2020年から2021年にかけてブレイクし初めたヒコロヒーさんですが、現在のレギュラー番組をチェックしてみましょう!

ヒコロヒーのレギュラー番組
  • キョコロヒー(2021年4月~) 齊藤京子(日向坂46)とダブルMC
  • 大竹まことゴールデンラジオ!(2021年4月1日~)
  • ストロベリーワンピース(2020年10月15日~)
  • THE突破ファイル ※再現ドラマのみ
  • 全力!脱力タイムズ(2021年5月21日~) ※コーナー出演
  • 5時に夢中!(2021年11月3日~) ※水曜コメンテーター
  • ドーナツトーク(2022年4月3日~) レギュラーMC

2022年5月時点のヒコロヒーさんのレギュラー番組は全7本です!!

これは正真正銘の売れっ子芸人ですね!

もちろんこの他にも出演番組はかなり沢山あるので、ヒコロヒーさん相当忙しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ヒコロヒーの生い立ちや売れたきっかけは何?下積み時代も調査!まとめ

今回はヒコロヒーさんの生い立ちや現在にいたるまでの経歴を調査してみました!

ヒコロヒーさんは現在かなり売れっ子になっていますが、下積み時代もあり苦労されていたようです。

かなり努力されてきたのでしょうね!

今後もヒコロヒーさんを応援していきたいと思います!


↓↓合わせて読みたい↓↓

【画像検証】ヒコロヒーとファーストサマーウイカは似てる?すっぴんで検証!

【画像】吉田沙保里と仲里依紗が似ていると話題!すっぴんで検証!

上野樹里は『じぞ恋』代役主演だった!代役理由は〇〇!ネットの反応は?

【画像】上田晋也のパーマはなぜかけた?!コロナが原因?時系列で髪型検証!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA