スポンサーリンク

BE:FIRSTシュントの経歴が泣ける!テンテン(大山天)やリュウヘイとの繋がりは?

シュントの経歴

2021年11月にデビューした7人組のボーイズグループBE:FIRST。

SKY-HIから絶賛される声の持ち主で、ファンにも人気のあるメンバーSHUNTO(シュント)さんですが、

今までの彼の経歴をご存知ですか?

なんとなく知ってるという方は多いと思いますが、しっかりと知ると現在のSHUNTOさんの姿に結構感動します・・!

そこで今回は、SHUNTOさんの今までの経歴や努力をまとめていきたいと思います!

またSHUNTOさんと大山天(てんてん)さんとやRYUHEIさんとの繋がりも調査していきます。

スポンサーリンク

SHUNTO(シュント)が歌・ダンスを始めたきっかけ

SHUNTO(久保舜斗)さんが歌やダンスを始めたきっかけは何だったのでしょうか?

SHUNTOさんは年長の頃からダンススクールに通い、ダンスを習い始めました。

歌は小学校に入学し、すぐに習い始めたといいます。

SHUNTOさんが歌やダンスを習い始めるきっかけは親に薦められたことで、

さらに元を辿れば、

天才テレビくん』に出たかった。

テレビに出てる人ってかっこいいな」と思った

Rolling Stone 2022年2月号

小学生であれば誰でも見るであろう『天才テレビくん』に出たかったことが、シュントさんがアーティストを目指す大元の始まりのようですね!

avexアーティストアカデミー名古屋校

SHUNTOさんは小学生からエイベックスアーティストアカデミー名古屋校に通っていました。

また、SHUNTOさんはオーディションに合格し特待生契約を結んでいたようです。

特待生契約とは

avexアーティストアカデミーで開催されるオーディションを受け、スキルや内面など総合的に判断され合格した場合、特待生になることができます。

特待生契約を結ぶと、プロとして活躍できるようにavexのバックアップがあり、さらに無償でレッスンを受けることが出来ます。

凄いですね!

幼い頃からSHUNTOさんは才能や可能性があると認められていたってことですよね!

ちなみにTHE FIRSTオーディションに参加されていたTAIKI(溝口大基)さんもavex managementに所属されていて特待生だそうです。

そう考えるとTHE FIRSTオーディションに集まった人たちって凄い才能の持ち主ばかりですよね。。!


THE FIRST脱落者の現在の活動を知りたい方はこちら ⇓ ⇓ 

【2022年最新】THE FIRST合宿審査の脱落者の現在!次のデビューは?まとめ☆

スポンサーリンク

HIGH-FIVEのメンバーとしての活動【14歳】

2017年、SHUNTO(久保舜斗)さんはavexアーティストアカデミーの公式育成ユニット『HIGH-FIVE』に所属していました。

一番右端の方がSHUNTOさんですが、当時14歳で若々しさが今以上にありますが、

お茶目なところはこの頃から健在していますね!

ちなみにグループの中では『帽子担当』だそうです。w

この頃から帽子が好きだったんですね!

https://twitter.com/mediasfm/status/966588052712824832?s=20

SHUNTOさんは、この頃すでにラジオ出演も果たしていました!

HIGH-FIVEでの活動は1年間と短い期間でしたが、

ステージでパフォーマンスする機会は多く、そこでステージに立つ喜びを覚えたようです。

僕の歌の先生も言ってたんですけど、人前に立つことって中毒みたいというか。

やめられなくなっちゃうから諦められない人が多いっておっしゃっていたんですけど、本当にその通りだなと自分でも思っていて。

Rolling Stone 2022年2月号

SHUNTOさんって、現在もステージでパフォーマンスする時、とにかく楽しそうですよね!

現在BE:FIRSTとしてステージに立って見る景色はSHUNTOさんがずっとずっと見たかった景色なんでしょうね。

スポンサーリンク

a-genic PROJECT【16歳】

SHUNTOさんは2019年6月にavexで行われていた『a genic PROJECT』に参加していました。

a genic PROJECT とは

2019年春のオーディションに合格した男女12名がサバイバル・ユニット「a-genic」として活動し正式メンバーを決定するというプロジェクト

一番左がSHUNTO(久保舜斗)さんで、右から2番目の椅子に座っている男性がTHE FIRSTオーディションに参加していた大山天(てんてん)さんですね!

SHUNTOさんと大山天さんが深く関わったのはこの時からだったんですね!

当時16歳だったSHUNTOさんですが、当時の髪型も可愛いですね♪

a-genic PROJECTの様子はYouTubeで全13話のドキュメンタリーとして配信されています。

このプロジェクトは二泊三日の‟地獄の強化合宿”などがあり、

ハードな練習が多く、サバイバル感が強いイメージです。

そんなオーデションに参加されていた時のSHUNTOさんの様子はどうだったのでしょうか?

コミュニケーション不足

SHUNTOさんは合宿中、同じプロジェクトメンバーに

コミュニケーション不足

自分を閉じ込める癖がある

などと心配されていました。

他のメンバー達は今までそれぞれ同じグループで活動していたこともあり、SHUNTOさんは少し孤立していたのかもしれません。

SHUNTOさんは

  • 自分が一歩遅れているのは感じている
  • 悩みは人に話さない。自分で解決したい。
  • 自分のことで考えてほしくない

などと話していました。

そこで、スタッフがSHUNTOさんにメンバーに相談することを提案し、

そのアドバイスを受け素直にダンスを教えて欲しい、とプロジェクトメンバーに言えるようになっていくSHUNTOさん。

このプロジェクトの中で、ちょっとずつSHUNTOさんは確実に成長していました。

また、プロジェクトの途中ではSHUNTOさんは自身の歌に関して、

感情をこめて歌えているか、人に伝わってる歌になっているかわからない

と発言し、悩んでいたようです。

結果としてa genicのデビューメンバーに選ばれなかったSHUNTOさんですが、次に繋がる大きな経験になったことは間違いありませんね。

スポンサーリンク

シュントとリュウヘイの繋がり

SHUNTOさんとテンさんの関りはa genic プロジェクトでしたが、

SHUNTOさんとRYUHEIさんは、どのような繋がりがあるのでしょうか?

SHUNTOさんとRYUHEIさんは同じ愛知県出身で同じくavexアーティストアカデミーに通っていました。

https://twitter.com/avex_aaaNAGOYA/status/973758513766780928?s=20

画面真ん中にいるのがRYUHEIさんで、後列の一番左にいるのがSHUNTOさんですね!

小学生から高校生で構成されるチームで、同じメンバーだったようです。

同じスクールに通い、同じチームで活動していたことがある二人ですが

「THE FIRST」オーディションでお互いの存在に気付いたときは

いるなぁ

くらいな感覚だったそうですw

普通「あー!!」とかすぐに声をかけに行くと思いますが、

そうではなかったようなので、きっと顔なじみ程度で特別仲が良かったわけではないようですね。

しかし、同じスクールに通っていた顔なじみの子が数年後、

同じグループでたまたまデビューするなんて、やっぱり運命を感じてしまいますね!

スポンサーリンク

THE FIRSTオーディションでのシュント

a genic PROJECTの経験を経て、その翌年2020年にSKY-HI主催のボーイズグループオーディション『THE FIRST』に参加したSHUNTOさん。

THE FIRSTオーディションの時のSHUNTOさんはどんな感じだったのでしょうか?印象的な場面を振り返ってみてみましょう!

合宿審査「クリエイティブ審査」

SHUNTOさんは「合宿クリエイティブ審査」では、チームCに割り振られ審査に挑みました。

クリエイティブ審査でとは、メンバーたちで作詞・作曲・コレオグラフを手掛けて行う審査です。

a genicプロジェクトの時のSHUNTOさんは人とあまり関りを深く持たず、人に相談もしない様子が映されていましたが、

このクリエイティブ審査のSHUNTOさんは

SHOTAさんに作詞の相談をしたり、メンバー達と積極的にコミュニケーションを取っているように感じました。

また、クリエイティブ審査の中間発表が終わった時、同じチームCメンバーのSHOTA(ショウタ)さんが安心感や悔しさで泣きだした場面がありました。

その時、SHUNTOさんは

俺は分かってたよ」「一人で抱え込んでいたでしょ」とSHOTAさんに声をかけていましたね。

a genic PROJECTではなかなかメンバーに心を開けず距離を取っていたSHUNTOさんですが、

THE FIRSTでは仲間を思いやる姿がとても印象的でした。

これだけでもすごい成長ですよね!!

結果としてチームCの制作した楽曲『YOLO』は素晴らしい名曲に仕上がりました。


『YOLO』の動画は現在480万再生を超えています!

凄いですよね。

私は未だに何回も聞いているのに泣きそうになります・・!

きっと1年前のSHUNTOさんだったらこの曲をこんな風に歌えていなかったんじゃないかな?と思ってしまう程、すごく感情が籠っていますよね。

スポンサーリンク

合宿疑似プロ審査

疑似プロ審査は『BE FREE』と『Move On』の2チームに分かれ、

プロが作った楽曲をプロが作った振り付けでプロフェッショナルに歌いこなす、という審査でした。

SHUNTOさん属する『Move On』のメンバーは以下の6名です。

  • ショウタ
  • シュント
  • テン
  • リュウヘイ
  • ラン
  • リョウキ

ここでSHUNTOさんはa genicプロジェクトで一緒に戦ったテンさんと一緒のチームになります!

https://twitter.com/shunto_smile/status/1406265111694614533?s=20

審査結果としては『Move On』チームは『BE FREE』チームに負けてしまいますが、

SHUNTOさんはここでもSKY-HIさんからかなり良い評価をもらっています。

ものすごい色気怖さ強さ

色んな感情を湧きたててくれました。

マジな話羨ましいです。

あの声本当に僕が欲しい、一番欲しかった声です。

あのSKY-HIさんが「自分が欲しかった声」とSHUNTOさんの声を大絶賛されていますね。

しかし、このステージで一緒のチームでやってきたテン(大山天)さんが脱落してしまいます。

この時のSHUNTOさんはテンさんが脱落してしまうことの方に大きな悔しさや寂しさを口にしていました。

そしてSHUNTOさんがテンさんにかけた言葉は

絶対音楽やめないで

もっとレベルアップしているところ見せるから

だから絶対音楽やめないで

という言葉でした。

このシーンは何度見ても泣いてしまいますが、

SHUNTOさんとテンさんのa genicプロジェクトで一緒に頑張ってきた活動を知ると余計に感動してしまいますね。

絶対受かるから

と、テンさんの分まで受かるというような決意を最後にテンさんに伝えています。

ここでのテンさんとの別れが、さらにSHUNTOさんのアーティストになる想いを強くさせたのかもしれませんね。

また、オーディション終了後も二人は仲が良いようで、

テンさんのTwitterではSHUNTOさんへ向けたメッセージなどが投稿されていました。

テンさんがタワーレコード川崎店へ来店した際、シュントさんへのメッセージを残したそうです。

ほっこりするやり取りで、なんだか嬉しいですね!

スポンサーリンク

合宿最終審査

合宿最終審査ではプロとの対決ということで、SKY-HIさんがTHE FIRSTのテーマ曲として制作した『TO THE FIRST』を課題曲にSKY-HIに挑む!といった審査でした。

残っているメンバー11人全員で一つのチームとなり歌割、コレオグラフを自分たちで考えます。

そこで11人全員で自分の思いを話す場面があり、

SHUNTOさんはa genicプロジェクトから今回のTHE FIRSTオーディションに至るまでの思いを明かしています。

2年前にこれと同じようなサバイバルのオーディションやっていて、

終わってからここに来るまでの2年間とか毎週レッスンやってたりしたし、

それをすることで自分が上がっていけるって信じてやっていたけど、

ずっと毎週毎週泣いて

SHUNTOさんはa genicプロジェクトが終了後、

練習は続けていたものの、辛い日々を過ごしていたようです。

また、ここで母親が3年前に亡くなったことを打ち明けています。

正直成長しているかもわからない

何のために頑張ればいいのか日に日に分からなくなっていって

ずっと傍で応援してくれていた母親が亡くなり、頑張る意味を見失った時期があったのかもしれません。

しかし『TO THE FIRST』を通し、

亡くなった母親に自分が頑張っているよっていう姿を一番に届けたいと思いを語っていました。

この審査でSHUNTOさんは11名中2位という良い順位を結果を貰うことが出来ました。

SKY-HIさんはSHUNTOさんのパフォーマンスにこのようなコメントをされています。

シュントでしかないパフォーマンス、シュントでしかない歌声

何を歌わせてもシュントになってしまうというのは、アーティストとしてものすごく強い才能だと思います

また、このSHUNTOさんの才能の開花は、

今までのダンスなどの基礎練習に費やしてきた時間が重くのしかかったことだともコメントしています。

SHUNTOさんは何のために頑張るのかもわからない、など自信を無くした時期もありましたが、

それでも練習を辞めていないんですよね。

それが凄いことですよね。

辞めるのは簡単でも、こうして続けてきた努力がこの審査で結果になり現れたのだと思います。

最終合宿審査

課題曲審査【Shining One】


SHUNTOさんはチームOneのメンバーとして審査に挑みました。

この審査がオーディション最終審査となり、

SHUNTOさんは晴れてBE:FIRSTのデビューメンバーに選ばれました。

その時のSKY-HIさんの一部抜粋コメントがこちらです。

爆発的な開花の予感をしています。

あなたはさらに高いレベルで揉まれることで、大輪の花を咲かせるということを確信しています。

オーディション中もどんどんパフォーマンスに磨きがかかっていたSHUNTOさんですが、なんとまだ開花の途中!ということですね。

BE:FIRSTとしてデビューした現在も明らかにオーディション時より歌唱やパフォーマンスの技術が上がっているように感じますが、まだまだここからなんでしょうね!

SHUNTOさんの今後が楽しみですね!


BE:FIRSTを生んだオーディション番組「THE FIRST」や、
デビューまでの道のりを密着した『Gifted.Days』、BE:FIRST初の冠番組『BE:FIRST TV』が見放題なのはHuluだけ!


Huluだと最初の2週間はトライアル期間で無料でお試しすることも出来ますよ^^

是非チェックしてみてくださいね♪

コナン

BE:FIRSTシュントの経歴が泣ける!テンテン(大山天)やリュウヘイとの繋がりは?まとめ

今回はSHUNTOさんのちょっと泣けちゃうような経歴をご紹介しました。

努力が実って本当に良かったですよね!

そしてSKY-HIさんによるとSHUNTOさんはこれから大輪の花を咲かせると予言されているので、大いに期待し、応援していきたいと思います!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA